介護福祉士試験に合格するには?

介護福祉士の試験合格率は、一般的に六割と言われています。
けれども、近年の合格率を見る限り、50%に達していない年もあるため、一概には言えないでしょう。
この試験は、筆記試験・実技試験ともに60%の正解率が合格ラインと言われています。
また、筆記試験に関しては0点の科目があると不合格となってしまうため、不得意な分野をいかに減らしていくかがとても大切だと言えるでしょう。
では、過去問を解いてみてどの程度の点数が取れれば安全だと言えるのでしょうか?1問1点の採点で、全120問中6割正解していればOKと言っても、やはり80点以上は解けていないと少し不安が残ります。
各年の難易度にばらつきがあるため、最低でも85点以上の正解を目指すようにしてください。